薬事法管理者認定試験・受験対策講座

知識ゼロからでも3ヶ月で薬事の専門家になれます
「薬事法違反で広告審査を通らない」   「薬事法が難しすぎて学び方がわからない
「薬事違反にならずに訴求力のある表現を知りたい   「クライアントからの薬事の質問に答えられない」
⇒ 薬事法管理者認定試験と、受験対策講座は、このような問題を抱えている方にお勧めします。 講座の受験お申込みをこちら→

薬事法違反を恐れて売上受注率が低下する

繰り返し行われる薬事法の改正、厳しくなる一方の広告審査。健康食品会社、化粧品会社、広告代理店などでは、大半が薬事法違反を
恐れて訴求力のある表現が出来ずにいます。
薬事法違反を恐れた結果、商品の良さを上手く伝えられず、売上が低下している企業も少なくありません。

条文を全て読んでも『この表現はOK』とは載っていない

薬事法違反にならない表現を求めて、薬事法の条文を全て読んだとしても、「この表現はOK」「この表現はNG」とは載っていません。
例えば、条文の中に「医薬品で無いものについては医薬品的な表現は書けません」というような旨が載っていますが、具体的に「これは医薬品的な表現なのでダメです」とは載っていないのです。
このように、薬事法を勉強しようとして条文を読んだり、インターネットで調べたりしても、たいていの方は、すぐにつまづいてしまいます。
薬事法がわからないせいで売上が低下するのをだまって見ているしかないのです。
売上や受注率の低下をなげいたり、仕方がないとあきらめたりしていませんか?

薬事法を理解できればライバルに差をつけられる

”多くの人がつまづく”ということは、逆に考えると大きな優位性になるというポイントだと言えます。実は、薬事法を理解することや、違反にならない表現に言い換えることは勉強すれば誰でもできるようになります。しかし、法律の勉強というのは自己流でやると何をして良いかわからないだけでなく間違った解釈や浅い理解につながりかねません。又、膨大な時間もかかってしまうことでしょう。
このページを読んでいただいている方が薬事法を勉強する目的は、弁護士になることではなく、”ビジネスに生かすこと”のはずです。
それならば、「ビジネスに必要な知識」に的を絞って効率的に勉強することが一番の近道だとは思いませんか?

健康食品ビジネスに必要な薬事法の知識が3ヵ月で得られる講座

「薬事法管理者認定試験・受験講座」は、薬事法について何も知らない方が受講しても、約3カ月で無理なく健康食品ビジネスに必要な薬事法の知識が習得可能です。
実践ですぐに活かせる事例や実例が多く、薬事の法規トラブルを未然にふせぐ方法や、的確な判断力、応用力もしっかり身につきます。
例えば、次のような問題になんなく答えられるようになります。

薬事法を理解できればライバルに差をつけられる

以下の問の下線部分は、薬事法等に違反する表現となっています。
法に触れないように言い換えるとどんな表現が適切でしょうか?
問1 生活習慣病の改善にA社のにんにくゴールド!」 解答を見る→
問2 「A社のにんにくゴールドで風邪に負けない体を!」 解答を見る→
問3 「B社のミネラルゴールドには、カルシウムの吸収を高めるマグネシウムがたくさん含まれています」 解答を見る→
問4 血糖が気になる方へ B社のミネラルゴールド!」 解答を見る→
問5 「C社の中国茶は民間療法の智恵から造られました」 解答を見る→
問6 漢方素材を豊富に含むC社の中国茶」 解答を見る→
問7 アンチエイジングのためのサプリ、D社のスーパーX」 解答を見る→
問8 「D社のスーパーXは、貧血気味の方におすすめします」 解答を見る→
薬事法を理解できればライバルに差をつけられる

薬事法を理解できればライバルに差をつけられる

問題にある表現を法に触れないように言い換えると下のようになります。
問題にある表現と解答の違いを確認してみてください。
問1解答 生活習慣の改善 問題に戻る→
問2解答 寒さ(冬)に負けない体を 問題に戻る→
問3解答 カルシウムと相性のよい 問題に戻る→
問4解答 糖が気になる方へ 問題に戻る→
問5解答 民間伝承 問題に戻る→
問6解答 滋養 or 和漢植物 問題に戻る→
問7解答 若々しさ 問題に戻る→
問8解答 ふらつきやすい方に 問題に戻る→

薬事の専門家として認められる資格

講座を受講し「薬事法管理者認定試験」に合格すると、『薬事法有識者会議』により、資格が与えられ、「薬事法管理者」になれます。
この『薬事法有識者会議』は、薬事法に関連する学識経験者、実務経験者などによって構成されている、いわゆる薬事のプロ集団ですから、何とも心強いと思いませんか?

この「薬事法管理者資格」を取得すると、”薬事の知識保有者である”とビジネス界にて認識され、業務受注の大きな強みとなります。
例えば、WEBサイトや広告を作っている方は、「薬事法の知識のある人に発注したい」というクライアントを、より多く獲得できるようになります。
※「薬事法管理者資格」はLLP薬事法有識者会議が付与する民間資格です。

講座の受験お申込みをこちら→

受講者、資格取得者の声

「仕事の受注が増えました」

薬事法管理者取得者 井上華奈さん(フリーライター)薬事法管理者取得者
井上華奈さん
(フリーライター)

美容や健康に関する記事を中心に、フリーランスで、ライターをしています。
「薬事法に則った記事を書いて欲しい」という依頼が増え『薬事法管理者』の資格を取得しました。プロフィールの『薬事法管理者』の肩書きを見て、仕事をもらえることが増えました。
化粧品販売のアドバイスをすることもあるのですが、そこでも、薬事法違反にならない売り方を提案できるようになり大変役立っています。

 
「条文の解釈ができるようになった」

薬事法管理者取得者 上野裕樹さん(株式会社アップデイト・メディアレップ事業部・営業サポートグループ)薬事法管理者取得者
上野裕樹さん
(株式会社アップデイト・
メディアレップ事業部・
営業サポートグループ)

メディアレップという、インターネット広告の媒体社と広告代理店や広告主をつなぐ仕事をしています。
「この表現を使っていいかダメか」という質問を営業の方から受けるのですが、丸暗記ではなく、条文を解釈して質問に答えられるようになりました。
また、社内で広告表現に関するセミナーを行っているのですが、入社時、履歴書に「薬事法管理者」と書いた事がきっかけとなっています。

「」

薬事法管理者取得者 野呂瀬民知雄さん(会社経営)薬事法管理者取得者
野呂瀬民知雄さん
(会社経営)

私は健康ツールのビジネスを行っておりますが、いつもどこまで表現できるものなのかわかりませんでした。しかし、この講座を受講してそれが大体分かるようになり自分のビジネスにも自信が持てるようになりました。本当に良かったと思っています。

 
「広告のディレクションに自身がついた」

薬事法管理者取得者 竹本 諭さん(株式会社第一紙行 クリエイティブディレクター)薬事法管理者取得者
竹本 諭さん
(株式会社第一紙行
クリエイティブディレクター)

私は広告代理店で広告制作のディレクターをしています。健食のクリエイティブはどんなに訴求力があっても薬事がOUTなら媒体審査を通らないし仮に通っても行政指導を受ける羽目になります。
クリエイティブディレクターの責任は重大ですが、この講座で得た知識のおかげで自信を持って広告のディレクションができるようになりました。

「クライアントの質問に答えられるようになった」

薬事法管理者取得者 吉岡 輝久さん(株式会社東通メディア)薬事法管理者取得者
吉岡 輝久さん
(株式会社東通メディア)

私は折込チラシを中心とした広告代理店に勤めています。
健康食品や化粧品の折込チラシのご提案をすることも多いのですが、これまでは「薬事的にどうしてこれでいいのか?」と聞かれてもよく答えられませんでした。しかし、最近はそういう問いにも自信を持って答えられるようになり、そのせいか仕事の受注も増えてきました。
健食ビジネスに薬事の知識は不可欠です。

 
「仕事の合間に進めたり、スムーズに習得できました」

薬事法管理者取得者 Nさん(株式会社セプテーニライティンググループ)薬事法管理者取得者
Nさん
(株式会社セプテーニ
ライティンググループ)

私の所属する部署では全員、「薬事法管理者資格」を取得しています。
ライターの仕事をしているのですが、薬事法や景表法を知らないと、せっかく作った広告も掲載出来なくなり広告代理店の役割を果たせません。薬事法を知っているか否かで、請けられる仕事の幅も変わってきました。出張薬事セミナーを依頼されたり、需要と共に、実績と経験値も広がっています。 講座は 24時間勉強できるので、仕事中手が空いたときに進めたりして、スムーズに習得できました。

「広告が薬事でひっかからなくなりました」

薬事法管理者取得者
MMさん
(ネット通販会社経営)

私は脱サラしてネットを利用した健食通販会社を経営しています。
前の仕事でネットの知識はあったのですが、出す広告出す広告、リスティングがすべて薬事でひっかかってNGとなってしまい会社経営も危くなってしまいました。
慌てて薬事の勉強をしようと思い一生懸命探してこの講座に出会いました。とてもわかりやすくかつ実用的でよく理解できました。
最近はリスティングが薬事でひっかかることもなくなりました。

 
わかりやすくてスイスイ学習できた」

薬事法管理者取得者
RJさん
(主婦)

主人の定年後は海外のサプリをネットで売るビジネスをしようということになり、必要な薬事の知識を私が勉強することになりました。
主婦なので自宅で学べるものを探していたら完全イーランニングのこの講座に出会いました。
大学を出て35年勉強はしたことがなかったので薬事法なんて分かるか心配でしたが、とてもわかりやすくスイスイ学習できました。健食の薬事が大体理解できたので老後は海外旅行のついでにサプリを見つけてネットで紹介していきたいと思っています。

講座の受験お申込みをこちら→

講座の詳細

薬事法管理者認定試験・受験対策講座は1章から13章の講座です。健康食品を中心にヘルスケアビジネス全般に関係する法律や制度や商品としての表現方法など、実践で活かすことのできる知識を身につけることを目的としています。

講座目次
第1章 薬事法の実践的理解
薬事法の仕組みや重要性などを学習し、薬事法に対する基本的
理解を深めます。
第8章 行政関与型 (2) 栄養機能食品
栄養機能食品を参考に、行政が関与する制度についての理解を
深めます。
  • 1 ヘルスケアビジネスと薬事法の関係
    • 1−1 2つの接点
    • 1−2 薬事法を知ることの重要性
  • 2 薬事法の仕組み
  • 1 栄養機能食品とは何か
  • 2 制度の改正
  • 3 栄養機能食品の広告
  • 4 栄養成分表示基準制度
    • 4−1 あらまし
    • 4−2 何をPRしたら何を表示しなければならないのか?
    • 4−3 入っていることの強調、入っていないことの強調の基準
第2章 薬事法違反のペナルティ (1) 行政指導
薬事法を違反した場合に受ける行政指導について、実例と対策を
交えて学習します。
第9章 明らか食品
生鮮食料品、乾燥品、加工食品、調理品、調味料における機能の
表現方法を学習します。
  • 1 行政指導とは何か
  • 2 行政指導の端緒
  • 3 行政指導の所轄
  • 4 行政指導とリスクアセスメント
  • 1 明らか食品とは何か
  • 2 明らか食品を戦略に用いた実例
  • 3 明らか食品における禁句−健康増進法26条
  • 4 明らか食品において避けるべきオーバートーク
第3章 薬事法違反のペナルティ (2) 刑事摘発
薬事法を違反した場合に受ける刑事摘発について、実例と対策を
交えて学習します。
第10章 使える表現・使えない表現(広告表現)
サプリメント販売などを行う際に適した表現・不適当な表現を学習
します。
  • 1 概要
  • 2 刑事事件のフロー
  • 3 刑事事件の傾向
  • 1 基本的な考え方
  • 2 表現例
    • 2−1 OK表現の典型例
    • 2−2 NG表現の例
  • 3 具体例
第4章 景表法の実践的理解
景表法(不当景品類及び不当表示防止法)など、薬事法と関係
する法律を学習します。
第11章 ダイエット食品
ダイエット食品をとりまく法規制の概要を理解し、表現方法を学習
します。
  • 1 景表法とはどういう法律か?
  • 2 ヘルスケアビジネスとの関係で景表法はなぜ重要なのか?
  • 3 2003年の法改正(不実証広告規制)とは?
    • 3−1 概要
    • 3−2 全体像
    • 3−3 客観的な実証(合理的根拠)
  • 4 特商法の改正
  • 5 法の運用(不実証広告規制)
    • 5−1 担当する役所
    • 5−2 実態
  • 1 法規制の概観
  • 2 薬事法
  • 3 景表法
    • 3−1 概観
    • 3−2 PRが直球表現の場合
    • 3−3 PRが変化球表現の場合
  • 4 ケーススタディ
  • 5 不実証広告規制指導のプロセス
第5章 薬事法とサプリメント(※狭義のサプリメント)
薬事法の仕組みや重要性などを学習し、薬事法に対する基本的
理解を深めます。
第12章 機器タイプ(健康・美容機器)
健康・美容機器に対する薬事法の規制の概要についての理解を
深めます。
  • 1 どういう場合にサプリメントが薬事法違反となるのか?
    • 1−1 薬事法違反の判断基準は何か?
    • 1−2 成分
    • 1−3 剤形
    • 1−4 用法用量
    • 1−5 効能効果
    • 1−6 まとめ
  • 2 法律の観点から見てみる
  • 3 薬事法違反のペナルティと件数
  • 1 法規制概観
  • 2 事例研究[1] 浄水器・活水器
  • 3 事例研究[2] 健康ジュエリー
  • 4 事例研究[3] その他
  • 5 事例研究[4] アブドロタイプ
  • 6 事例研究[5] マッサージガードルタイプ
  • 7 事例研究[6] マイナスイオングッズ
  • 8 事例研究[7] 脱毛機
  • 9 事例研究[8] 視力回復器
第6章 健康増進法とサプリメント
薬事法の仕組みや重要性などを学習し、薬事法に対する基本的
理解を深めます。
第13章 塗りタイプ(化粧品・医薬部外品)
化粧品・医薬部外品に対する薬事法の規制の概要についての
理解を深めます。
  • 1 健康増進法とはどういう法律か?
    • 1−1 制定
    • 1−2 改正
  • 2 改正健康増進法とガイドライン
    • 2−1 法の内容
    • 2−2 ガイドラインによる拡大
  • 3 付近ルール
    • 3−1 付近ルールとは何か
    • 3−2 付近ルールによる規制拡大
  • 4 あっせんルール
    • 4−1 あっせんルールとは何か?
    • 4−2 あっせんルールによる規制拡大
  • 5 媒体責任
  • 6 小括
  • 7 改正増進法による行政指導の実情
  • 1 化粧品と医薬部外品
  • 2 事例研究
    • 2−1 入浴剤
    • 2−2 エッセンシャルオイル
    • 2−3 対、菌製品
    • 2−4 豆腐石けん
    • 2−5 レッグスプレー
    • 2−6 熱用シート
第7章 行政関与型 (1) 特保 (特定保健用食品)
薬事法の仕組みや重要性などを学習し、薬事法に対する基本的理解を深めます。
■チェックテスト(全ての章)
  • 序 行政関与型の枠組
  • 1 制度の内容
  • 2 許可表現
  • 3 関与成分
  • 4 取得の手続き
    • 4−1 申請―審査
    • 4−2 試験
  • 5 特保の壁
  • 6 2005年の改正
  • 7 特保のマーケティング
    • 7−1 過去そして現在
 

料金お支払い方法

料金

全て、消費税込みの料金です。

◎講座の料金
講座受講料 49,800円
講座修了試験受験料 10,000円

◎資格の料金
資格試験受験料 20,000円
登録講習受講料 10,000円
資格更新料 20,000円
※資格更新は1年ごととなります。

お支払方法

銀行振り込みと、クレジットカードでのお支払いをお選び頂けます。
【銀行振込】
口座名:みずほ銀行 青山支店 普通 1822002
振込先:薬事法有識者会議

【クレジットカード】
以下のクレジットカードをご利用いただけます。

取扱カード: VISA、MasterCard、NICOS
※振り込み手数料はお客様のご負担となります。ご了承ください。
※郵便局、コンビニエンスストアからの振込みは現在準備がございません。
※受験お申し込みの際に企業名等同一のお振込人名義でお振込をされた場合、会員登録の先着順にご入金いただいたものとして処理させて頂きます。

返金について

誠に恐れ入りますが、一旦入金された以下のお申し込みに関しましてはキャンセルはお受けしておりません。
【キャンセルを受け付けしていないお申し込み】

  • 受講お申し込み
  • 質問チケット購入
  • 受講延長申し込み ・修了試験
  • 修了試験の再お申し込み(不合格の場合)
  • 資格試験お申し込み

ただし、受講者または旧受講者のうち資格試験と登録講習料金を既にお支払いの方で、資格試験受験をご辞退される場合は登録講習料金の返金受付を承っております。

講座の受験お申込みをこちら→

受講申し込みから資格取得までの流れ

受講開始から受講終了まで

受講申込 お申込みフォームから受講のお申込みをいただきます。
次へ
お支払い 料金をお支払いいただきます。
次へ
受講者IDとパスワード発行 入金確認後、受講者IDとパスワードをご連絡いたします。
次へ
講座受講 受講者IDとパスワードを入力し、講座の受講を行います。
次へ
終了試験申込 修了試験にお申込みいただきます。
次へ
お支払い 修了試験料金をお支払いいただきます。(既にお支払い済みの方は不要)
次へ
終了試験 修了試験を受験します。(メンテナンス時を除き24時間受講可能)
次へ
資格試験申込 修了試験に合格の後、資格試験にお申し込みいただきます。
次へ
お支払い 資格試験料金と登録講習料金をお支払いいただきます。
(既にお支払い済みの方は不要)
次へ
薬事法有識者IDとパスワードを発行 資格試験を行うためのログインID・パスワードをご連絡いたします。

資格試験から資格認定まで

資格試験申込(再試験の場合) 修了試験合格後、資格試験にお申し込みいただきます。
(初回受験の方は不要)
次へ
お支払い(再試験の場合) 資格試験料金をお支払いいただきます。
(初回受験の方は不要)
次へ
資格試験 資格試験を受験します。
(毎月6が付く日)
次へ
登録講習チェックリスト 登録講習後にチェックテストを行います。
(テストに合否はございません)
次へ
認定書発行 登録講習・チェックテスト完了後に、認定証と認定カードを郵送いたします。
次へ
更新申込 更新時期のご連絡を差し上げます。
認定期間満了前に、更新講習にお申し込みいただきます。
次へ
お支払い 更新講習料金を支払います。
次へ
更新講習チェックリスト 更新講習後にチェックテストを行います。
(テストに合否はございません)
次へ
認定書の発行 更新講習・チェックテスト完了後、新しい認定カードをお送りいたします。
講座の受験お申込みをこちら→

よくいただく質問

よくいただくご質問は以下のページでご確認ください。
こちらにないご質問がある場合はお問い合わせフォームからご質問お願いします。

よくいただくご質問はこちら→
お問い合わせフォームはこちら→

講座の受験お申込みをこちら→
薬事法管理者認定試験・受験対策講座
薬事法管理者認定試験・受験対策講座 Copyright(c)Pharmaceutical Law Wisdoms. all right reserved.